Steam版『Monster Hunter RISE』体験版で分かったこと

PC版『モンスターハンターライズ』の発売日が2022年1月13日(木)に決定し、デモ版の配信が開始されました。

ゲームそのものは変わっていませんがプラットフォームがPCになり、改善点があるのでピックアップして解説します。

1.フレームレートの向上

Steam版では設定→DISPLAYからフレームレートの上限を設定することができます。
30~240fps,無制限まで設定することができ、非常に滑らかな画面でプレイすることができます。

2.グラフィック性能の大幅な向上

21:9 ウルトラワイドの画面

4Kウルトラワイドにも対応しました。
その他にもイメージクオリティやアンチエイリアス、モーションブラーなどPCゲームにあるべき設定は一通り揃っており、PCに合わせて好きにカスタマイズすることができます。

【参考】
RTX2060でイメージクオリティ『高』、ウルトラワイドにしても安定して遊ぶことができました。

3.決定ボタンの設定

地味に嬉しいのが決定ボタンをA,Bが入れ替えられることです。入れ替えるとSwitch版と全く同じ設定で遊ぶことができます。(※ゲーム内表記はXboxコントローラー基準

まとめ

Steam版ということでグラフィック関係は大幅に向上しましたが、問題はプレイヤーがどの程度参戦するかということでしょう。

クリックで拡大

公式でも明言されていますが、Switch版とのクロスプレイ、セーブデータの引き継ぎは不可とのことです。このことからヘビーユーザーしか集まらずプレイヤーは少ないことが推測できます。加えて難易度自体が低めでエンドコンテンツ的なものも少ないのでPC版は様子見しようと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました